パトロン作りたい方必見!おすすめのパトロン募集掲示板ランキング

パトロンってなに?

パトロンとはセフレでもなければ恋人でもなく…その境界線は曖昧なところが多いですが、現社会におけるパトロンの定義としては恋人以上配偶者未満という認識が強いかもしれません。一見、体の関係のあるだけの恋人感覚のようにも思えますが、パトロンの定義に関しては個々人ばらばらというのが正しいかもしれません。ただ1つ言えるのは、少なくても恋愛感情が少しでもなければ成立しないといった点です。セフレとの関係は少なからず体だけですが、そこにほんの少しでも恋愛感情が絡めばパトロンとしてもおかしくはないでしょう。

お水の世界で定番とも言えるパトロンと言えば、男性が女性を金銭的に養うということがありますが、これもパトロンに含まれるようです。体の関係もあるでしょうが、男性からしてみれば第2の妻といった感覚なのかもしれません。また、不倫関係に当たるケースも多く既婚者とその恋人の関係はパトロンと定義付けられることも多いようです。しかしんがら、戦前まではパトロンという意味は恋人と同意義で、今のような意味で捉えられることはありませんでした。

何が原因で…というのは明確には記されていませんが、時代とともにその意味も変化してきたのかもしれません。人の愛の形というのは同じではなく、個人によってまったく違うものですから、配偶者がいてもパトロンを愛するというのは仕方が無いものなのかもしれません。もちろん、そういったパトロン関係というものに嫌気がさす方もいらっしゃると思いますが、パトロンという言葉がなくならない限りそういった関係が無くなることはないかもしれませんね。

パトロン募集サイトを活用する!

パトロンを探そうと思うのであれば、やはりパトロン募集サイトを利用するのが一番良いかもしれません。パトロン募集サイトで普通の恋人や友達を探そうとする人はいませんよね。サイトを利用している人はパトロン関係を求めているわけですし、それは了解の上ですから、パトロンという関係を受け入れることが出来るかどうかや、パトロンという考え方に共感出来るかどうかなどを改めて探る必要はありません。

一般的な出会い系サイトなどでパトロンを探そうと思えば、やはり相手がどのような関係を求めているのかを探らないと駄目です。そういう時間が省けるという点でもやはりパトロン募集サイトが最も相手を見つけるのに時間がかからないのではないでしょうか。パトロン募集サイトの流れそのものは一般的な出会い系サイトと同じと言って良いでしょう。料金体系も無料のものから、有料ポイント制のもの、月額定額制のものまであるのでその中から自分に合ったものを選び、さっそく会員登録しましょう。

プロフィールを作成したならば、相手を検索します。気に入った相手が見つかれば相手のプロフィールにしっかりと目を通し、パトロン関係を結べる相手かどうか、また結んで良い相手かどうかを見極めましょう。もちろんプロフィールだけでは判断するのは難しいでしょうから、「この人は良いかもしれない」と思うような相手がいれば、メールを送信し、返事が来たならばメールのやり取りの中で相手を判断する必要があります。出会い系サイトでも同じことですが、パトロン関係を結ぶ相手は信用出来る人でなければなりませんし、お互いの間に信頼関係が生まれてこそ成り立つものだということを忘れないようにしましょう。

パトロンは素人がオススメ

周りの人たちから分からないようにパトロンを作る場合は、インターネットを利用するのが得策です。パトロン募集やパトロン契約などのキーワードで検索すれば、非常に多くのサイトが表示されてきます。それらのサイトには無料のところや有料のところがあります。無料の出会い系サイトでは、完全に素人の女性と知り合える可能性があります。その一方で、会員制の有料サイトでパトロン専用のところになると、プロの女性とパトロン契約を結ぶことができます。プロという呼び方はおかしいかも知れませんが、この場合、パトロン経験のある女性ということを意味しているわけです。

サイトによっても異なりますが、このような女性はたいてい美人が多いのです。きれいな女性をパトロンにしたいと思っている人は、このようなパトロン専門のサイトを利用した方が良いと思います。もちろん、その分お金も高くつくことは十分に考慮しておくべきでしょう。あまりお金をかけたくないのであれば、無料の出会い系サイトなどで素人の女性を探した方が良いでしょう。その場合は、容姿についてはあまり期待しない方がいいようです。

また、月々の手当てを支払ってパトロン契約を結ぶということまでは考えていない場合は、出会い系サイトなどでその場限りの相手を見つけるとよいと思います。無理に関係を続けようとしても途中でもつれることもありますし、安上がりに近所の相手を選ぶと発覚する可能性が高まります。やはり、パトロンを作る場合には、お金に十分な余裕があり、安全な相手を探すことが出来るようになってからにするべきだと思われます。

パトロンの事を詮索しない

恋人同士や夫婦、友達であれば相手が何をしてその日を過ごしたのかといった日常的なこと、または出会う前の話や生い立ちなどを気軽に聞けて、話せるかもしれません。しかしパトロン関係を結んだ相手のことをあれこれ詮索するのは避けた方が良いでしょう。まず第一にパトロン関係というのは日々の現実的な生活から切り離された、非現実的なものでなくてはならないのです。たとえば妻帯者がパトロンを持ち、パトロンがその妻と同じような存在になってしまっては何のためのパトロンか分からなくなりますよね。現実の付き合いであるけれども、非現実さを失ってはいけないのです。

パトロン関係にある相手には何かしら人に知られたくない過去があったり、現在があったりするのです。パトロン関係自体が特殊な関係ですし、はっきり言って現実の日々の生活に満足している人がパトロン関係を結ぶなんて考えにくいですよね。それゆえ何か言いたくなさそうなそぶりを見せたなら、それと理解し、話を変えてみたり、その話題には二度と触れないという心配りが必要でしょう。ずかずかと相手の心の中に入り込んだり、「何か後ろめたいことがあるから隠すんだろう」などといった発言は慎むべきです。

相手のことを密かに調べたり、深く追求したりすると関係がこじれるだけですし、そこまで秘密にしていることを暴き立てても何も得るものはないでしょう。それよりも相手と共に過ごす時間を有意義なものにするよう努力することの方がもっと大事ですし、ある程度秘密めいたことがあった方がパトロン関係というのはうまくいくものです。

パトロンの希望はできるだけ読み取る

メール交換が続けば、仲良くなれると思いますが、それには回数を重ねなくてはいけません。回数を多くしたほうが、相手は信用してくれるようになります。仲良くなったところで、希望や目的を、さりげなく聞いてみましょう。たとえば、相手の女性が既婚者であるなら、昼間の時間帯しか会えないという希望があるかも知れませんし、独身の女性なら、男性に対してパトロンになるから、少し援助してほしいという目的があるかも知れません。さりげなく、メール交換をしながら、探ってみましょうね。

もし、女性の希望や目的にそえないようなら、ちゃんとお断りをしましょう。女性は、いくらでもパトロンを欲しがっている男性がいますので、無理してまで女性にあわせることは無いです。無理をして合わせたとしても、パトロン関係も続かないでしょう。どこかで、無理をするのなら、パトロンと一緒にいても、気を使ってしまったり、癒されることがなくなってしまいます。そうなると、実際の家庭と同じ状況になってしまうかも知れません。

自分が気を使うことがなく、リラックスして、素の自分を出せる相手を選ぶようにしましょう。それには、相手の希望と目的をかなえてあげることが出来るかどうか判断してください。秘密の関係というのは、周りに知られてはいけませんから、待ち合わせ時間や場所の希望もあると思いますから、その辺のことは、お互い相談して決めていきましょう。女性優先にしてあげるといいと思いますよ。